愛用品をまとめた「楽天ROOM」へようこそ >>

奥日光をリーズナブルに満喫するおすすめコース

奥日光って、
男体山や女体山、華厳の滝、湯滝、戦場ヶ原などなど、登山から散策スポットまで豊富にあって限られた時間の中でどう回ったらいいか迷いますよね?

確かに。土日の限られた時間の中でどうせなら有意義に色々楽しみたいですね!しかもリーズナブルに!そんなルートありますか?

ありますよ!
今回は、奥日光に2泊3日で「車中泊・登山・温泉・キャンプ・滝散策」をしてきました。
その時のコースを、ご紹介します。
登山やキャンプなどアウトドアが好きな方の参考なったらうれしいです。

目次

スケジュール

2020/10/2(金)
23:00 前日車中泊:光徳駐車場

2020/10/3(土)
 7:55 日光白根山ロープウェイ乗車
 8:20 登山:日光白根山
14:00 ロープウェイ乗車下山
14:15 温泉:座禅温泉
16:00 キャンプ場:湯元キャンプ場

2020/10/4(日)
 8:30 湯滝付近散策 帰宅

【車中泊】光徳駐場

ロープウェイが動き出す7:30分には登り始めたかったので、白根山から車で30分ほどの距離にある「光徳駐車場」で車中泊しました。

駐車場は、広めで100台停められ、無料です

トイレは、24時間使えます。
中に入るとセンサーで明かりが自動で付きます。
水洗トイレで中はとてもキレイ。
和式と洋式があります。

私たちの他にも何台か車中泊している車がありました。
ほとんど私たちと同じく登山者みたいです。

仕事終わってから向かったので駐車場に到着したのが23時。。寝床作ってとっとと寝ます。

今回は、紅葉前だったので道路はさほど混んでいませんでしたが、紅葉時期は、時間を間違えると渋滞に巻き込まれるので注意。
早めの行動が吉。

注意
動物が飛び出してくるので夜間の車の運転注意!有料道路や、いろは坂めっちゃ鹿いました(泣)

呼んだ?

光徳駐車場情報

料金:無料
駐車台数:100台
トイレ:あり(24時間使用可)

【登山】日光白根山

日光白根山ロープウェイセンターステーションよりロープウェイ乗車

灰色の建物「日光白根山ロープウェイセンターステーション」
1F : 売店
2F : チケット販売カウンター・温泉・ロープウェイ乗り場
※隣の赤い屋根の建物はスキー等のレンタルゲートのようです。

時期によってロープーウェイの運行時間が違います。
くわしくは、下のリンクからご確認ください。

7:45くらいに到着したのですが、すでにたくさんの車が、、、
私たちの車は、第2駐車場っぽい離れたところに停めました。
登山者の朝は早いぜ。。

ロープウェイ料金 : 大人 往復2,000円
モンベル会員証提示で100円引き

ロープウェイと温泉のチケットは販売カウンターで購入。

受付左側は、登山届を書くスペースになっています。
ロープウェイに乗る前に必ず書きましょう!

山頂駅へは片道15分ほどで到着。
山頂駅付近めっちゃきれいでした。
足湯、カフェ、休憩所、レストラン、レストラン横に靴の洗い場もありました。

天空の足湯から見た白根山

登山ルート

現在地案内地図がいくつも設置されていました

行きは、①~⑤までルートで白根山山頂に登って、帰りは⑥~⑭のルートで帰りました。山頂付近は森林限界で砂利道になるので大変歩きづらいです。

ロープウェイ乗り場に併設されている温泉が13:00~だったのでそれに合わせてのんびり登りました。

山頂駅登山口から白根山までは、ハイキングコースなどのルートがたくさんあります。

体力に自信がない方、怪我や具合が悪くなるなどのトラブルにあった場合でも迂回できるので安心です。

注意事項
登山へは適切な装備をして登りましょう。スニーカーでは足を痛める原因になるので登山靴を履いていきましょうね。

【温泉】座禅温泉

「日光白根山ロープウェイセンターステーション」の2F。チケット販売カウンターの隣にあります。

営業時間:13:00~18:00
大人700円 貸しバスタオル300円
ロープウェイチケット半券提示で温泉200円引きになるので、500円で温泉に入れました!

脱衣所は鍵付きロッカーではないので、貴重品は入り口付近の100円入れるタイプのロッカーに入れましょう。
ただ、100円吸い込まれて戻ってきません。ご注意を。

ドライヤーは4つ。給水用の水もあります。

サウナ、水風呂、整いスポット(外に休憩椅子あり)があるのでサウナーにはたまりませんな。

サウナの温度は、98度。激熱。
コロナの影響で、サウナマット敷かれてなくて火傷すんぞ!
ってくらい座るところ熱くなってたので、手持ちの手ぬぐいとかタオルとかかき集めてきて座ってました(笑)

ただ、キレイ。サウナめっちゃきれい。
木のいい匂いがしました。

登山後の温泉って至福!癒しです。
登山→温泉の流れで工程組みやすい!
日光白根山ロープウェイセンターステーションは、下山後すぐに温泉に入れるので利用しやすかったです。
ロープウェイ利用すれば楽だし、温泉料金が安くなるのでいい所どりです( *´艸`)

日光白根山ロープウェイセンターステーション情報

ウェブサイト:
▼ロープーウェイ運行時間はこちらでチェック
※時期によって運行時間が変わります
ロープーウェイ
https://www.marunuma.jp/green/attraction/ropeway/
センターステーション
https://www.marunuma.jp/green/hotel-spa/centerstation/

【キャンプ】日光湯元キャンプ場

日光白根山ロープウェイから車で20分ほどの場所にある「日光湯元キャンプ場」が今夜のキャンプ地です。

日光湯元ビジターセンターで受付
料金は、一泊大人1,000円 別途料金はかかりません。

受付時に、キャンプ場の利用案内やキャンプ場周辺の施設や温泉一覧マップを貰えます。
キャンプ代金を支払うとリボンを貰うのでテントに必ずつけておきましょう。

チェックアウト時に三角屋根の水場にポストがあるのでリボンを入れてチェックアウト完了です。受付不要です。チェックアウト時間は11時です。

ゴミはすべて持ち帰り。
灰捨て場が無いので焚火などの灰も持ち帰りになります。

季節によって受付時間が違うのでご注意ください。

開館日・開館時間
4月~11月 無休 開館時間 9:00~16:30(夏期(7/1~8/31) 8:30~17:30)
12月・1月 平日休館 開館時間 9:30~16:30
2月・3月 水曜休館 開館時間 9:30~16:30

出典元:ビジターセンター案内 | 環境省_日光湯元ビジターセンター

日光湯元キャンプ場のメリットデメリット

✔予約不要。
✔値段がリーズナブル。
✔水場がキレイ。
✔トイレがキレイ。
✔キャンプ場の周りに
 温泉が数か所あり、
 時間や値段に合わせ選択可能。
✔コンビニあり。
※おおるり荘山に
 デイリーストア
 (7~19時迄)小規模です。
✔レストランあり。
✔キャンプ場のそばに
 散策スポットあり。
✔登山場所から近い。
✔チェックアウト時間が
 11時迄と余裕がある。

×駐車場からテント場まで若干遠い。
×平地が少ない。
×鹿の糞が落ちてる。
×場所によってはトイレが遠くなる。
×標高が高いので寒い。

後ろに見える三角屋根が水場
焚き火楽しみました。気持ちが落ち着きます。

日光湯元キャンプ場情報

ウェブサイト:
日光湯元キャンプ場 | 環境省_日光湯元ビジターセンター
http://www.nikkoyumoto-vc.com/guide/
▼周辺散策マップや周辺の駐車場情報が載っているので便利
環境省_日光湯元ビジターセンター
http://www.nikkoyumoto-vc.com/

【散策】湯ノ湖周辺、湯滝

湯滝には無料駐車場と有料駐車場があります。
先に無料駐車場が空いているか確認後、空いてなければ有料駐車場へ行った方がいいです。

駐車場の詳しい内容は下記をご覧ください。

今回は滝の上にある無料駐車場の「湯の湖畔 駐車場」からのルートをご紹介します。

駐車台数は約10台。早朝以外はほぼ満車。外に出ると湯ノ湖を一望できます。
階段を下りて湯滝に向かいます。

国道120号沿いにあります。駐車台数は少なめ。
駐車場から見た湯ノ湖
落ちていく滝を近くで見られます。
これ全部階段です。運動運動♪



間近で水の流れを見ながら歩くことができます。
階段は、結構な段数なのでいい運動になります。

日光の滝の中で私は、湯滝が一番好きです。
二股に分かれた大迫力な滝を間近で見られます。

滝の周りは木道になっていて戦場ヶ原方面につながっています。

時間があれば散策したかったのですが、そろそろ帰る時間になってしまいました。

湯滝駐車場情報

湯の湖畔 駐車場
料金:無料
駐車台数:約10台
営業時間:24時間

湯滝有料駐車場
料金:普通車500円(※冬季無料)
駐車台数:普通車58台
営業時間:9:00~17:00(季節によって変動あり)

奥日光は、何度来ても飽きないです。
今回は紅葉前でしたが、それでも十分に楽しめました。

今回行ったところを地図にまとめました。
今回の旅が、参考になればうれしいです。

今回行った場所まとめ

最後まで、読んで頂きありがとうございました。
next time bye now!

kimihibiblog読者登録

kimihibiblog - にほんブログ村

にほんブログ村参加カテゴリ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして、kimihibiです。
30代OL。2014年に結婚し、夫婦2人暮らし。性格は、内向的、口下手、コミュ障。でも、自立心と上昇志向は強い。夫婦2人で生きやすい時間を確保するために奮闘中。2016年からアウトドア(登山・キャンプ)を始め、読書、おうち時間も大好きです。

目次
閉じる